不動産会社元営業マンが教えるマンションを1円でも高く売却する方法
*
ホーム > かしこい仲介業者の選び方 > 不動産会社と契約のハンコを押す前に知っておきたいこと

不動産会社と契約のハンコを押す前に知っておきたいこと

マンションを売却するには、まず売却活動をお願いする不動産会社を選ばなくてはなりません。マンションなどの不動産はとても金額の大きな資産であるため、しっかりと「おたくの会社でうちのマンションの売却をお願いします」という契約を必ず結ぶ必要があります。そしてこの「売却をお願いします」という契約を『媒介契約』と呼びます。多くの場合、不動産会社の営業マンは「この契約書にハンコをお願いします」とシレっと媒介契約書にあなたのハンコを押させようとします。

ハンコを押す前に、媒介契約書の種類をしっかりと確認してください。
媒介契約書は3種類あります。

専属専任媒介契約
マンション売却を1社しか頼めない契約で、さらにあなた自身がマンションを買いたい人を見つけてくることもNGの縛りの非常に強い契約です。

専任媒介契約
マンション売却を1社しか頼めない契約ですが、あなた自身がマンションを買いたい人を見つけてくることはOKの縛りのやや強い契約です。

一般媒介契約
マンション売却を複数社に頼むことができる契約で、当然あなた自身がマンションを買いたい人を見つけてくることのOKの契約です。

マンション売却を考えている人のほとんどは、媒介契約がまさか3種類もあるとは知りません。専任・専任媒介契約を結んでしまえば、その契約を解約しないかぎり不動産会社は契約の手数料を獲得できるため、そのためか「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」を不動産業者は、シレッと結びたがるわけです。不動産会社の営業マンから専属専任・専任媒介契約のメリットとして「1つの会社に任せた方が、不動産会社のモチベーションが上がって頑張って営業します!」と言ってきますが、実際のところは1社に売却を任せてしまうとその会社が逆に安心してしまい、しっかりと活動しない可能性があるので、まずは「一般媒介契約」を結んで、複数の不動産会社と相談することは競争心を煽ることができますし、その中で頑張ってよいお客さんを見つけてくれた不動産会社と最終的な売買契約を結べばいいのです。


不動産業者は最低2社以上と交渉するのが基本

マンションを少しでも高く売却するためには、信頼できる不動産会社の営業マンに出会うのが一番の近道です。そのためにも、3社以上の不動産会社に相談・交渉する必要があります。マンション売却一括査定を利用すれば、たった1分程度の入力で6社からあなたのマンション売却額の査定が届きます。しかも、万が一熱心すぎる営業マンにあたったとしても、代わりに断ってくれるので気軽に申込できるのも魅力的。地元の不動産会社に相談する前にあなたのマンションの正確な査定金額を知るためにも、完全無料の不動産一括査定を試してみよう。

→→→入力たった1分の完全無料の不動産査定を試してみる

関連記事

マンション査定は3社以上に依頼!ネット活用がマスト!
マンションを売却するに、まずは不動産業者に査定をしてもらわなくてはなりません。普...
「このマンションを買いたい人がいます!」チラシにだまされるな!
マンションのポストに毎日のように「売却物件求む」といったチラシが入り、その中に「...
不動産会社と契約のハンコを押す前に知っておきたいこと
マンションを売却するには、まず売却活動をお願いする不動産会社を選ばなくてはなりま...