不動産会社元営業マンが教えるマンションを1円でも高く売却する方法
*
ホーム > 正しい価格のつけかた

正しい価格のつけかた:記事一覧

マンション売却で知っておくべき3つの価格

(公開: 2015年7月 8日)

マンションなどの不動産を売却する際、「査定価格」「売り出し価格」「成約価格」の3種類存在する。それぞれ簡単に解説すると、1.査定価格不動産業者が相場をもとに算出する「成約できるであろう価格」のこと。基…

値崩れしにくいマンションの特徴 その②

(公開: 2015年6月26日)

(値崩れしないマンションの特徴その1 の続き) しかしながら、陽当たり抜群の川や海沿いの物件は注意が必要です。例えば、海沿いでは塩害、川沿いは水害の心配があり、大雨の際に川沿いに建つある高級マンション…

値崩れしにくいマンションの特徴 その①

(公開: 2015年6月26日)

自分の住まいであるマンションの資産価値を知っておくことは極めて重要なことです。例えば、マンションの住み替えを考えた場合、もっとも気になることは「自分のマンションがいくらで売れるか」「いくらで貸せるか」…

賢い売り出し価格の値付け方

(公開: 2015年6月25日)

マンションの売り出し価格は、成約したい価格帯の5%程度を上乗せするのが一般的です。たとえば3,500万という値段で売りたいと思ったら、その3,500万という値段に5%くらい乗せて売り出すケースが多いで…

一般的なマンション査定方法

(公開: 2015年6月25日)

通常、不動産仲介業者がおこなうマンション査定は、そのマンションの周辺にあるマンションの売却事例を参考にして、査定価格を算出します。それを基準に坪単価を算出して、その単価に以下の要素を加味してそのマンシ…

中古マンションの売れる価格帯は?

(公開: 2015年6月24日)

マンション選びの要素として、駅から近さとか、マンションの築年数などがありますが、一般的に中古マンションで売れ筋の価格帯は、2,500~3,000万円といわれています。たとえどんなに築年数の経過した古い…