不動産会社元営業マンが教えるマンションを1円でも高く売却する方法
*
ホーム > 正しい価格のつけかた > 賢い売り出し価格の値付け方

賢い売り出し価格の値付け方

マンションの売り出し価格は、成約したい価格帯の5%程度を上乗せするのが一般的です。たとえば3,500万という値段で売りたいと思ったら、その3,500万という値段に5%くらい乗せて売り出すケースが多いです。最近では、買う側も値引きを前提に交渉してくる場合が多いため、売り出し価格は端数だけでも乗せたほうが無難です。

不動産会社の担当者の説明を聞いても、納得できない場合は自分自身が納得できる値段でまずは出してみましょう。やはり、売り出してみないとわからない部分も大きいので、自分の納得する値段で、2~3週間ぐらい様子を見てみてもよいでしょう。2~3週間すればネットや業者さんに情報が出回り、その値段じゃ反響もないよとか、チラシ打っても1件も鳴りませんなどといった情報が集まってきます。もしかしたら、緊急性があるお客さんが、このマンションじゃないとダメだとか、このマンションなら学区内で探しているから多少高くても今買わなきゃいけないといった理由で高く売れる場合もゼロではないからです。

経験上、そういう買い主は、毎日ネットをマメにチェックしたりとか、チラシを見ていたりとかしているので、遅くとも3週間以内には何らかの反応があるはずです。そういった反応を見てから、査定価格に基づいた値段に落としても遅くはありません。ただし、市場からあまりにもかけ離れた値段で出さないようにしましょう。高くても、大体査定価格の上限から10%上乗せ程度にとどめておきましょう。

あまりに期待しすぎて、最初は特に高い値段で設定しがちですが、一旦高い値段で出して、売れないので徐々に値段を下げていくやり方は考えものです。例えば、なかなか売れないのでとりあえず100万下げてみた。それでも売れないので、もう100万下げていく...。こういう方法よりも、一気に300万円くらいガバッと下げてしまって(大体売り値の5~10%程度)、その代わり、もうこれ以上交渉はさせませんよという態度で値付けしたほうが経験上、売れています。買い手のお客さんが「待てば、もっと下がるかも?」と期待しないような、値段設定や値段の下げ方を考えたほうがいいでのです。


不動産業者は最低2社以上と交渉するのが基本

マンションを少しでも高く売却するためには、信頼できる不動産会社の営業マンに出会うのが一番の近道です。そのためにも、3社以上の不動産会社に相談・交渉する必要があります。マンション売却一括査定を利用すれば、たった1分程度の入力で6社からあなたのマンション売却額の査定が届きます。しかも、万が一熱心すぎる営業マンにあたったとしても、代わりに断ってくれるので気軽に申込できるのも魅力的。地元の不動産会社に相談する前にあなたのマンションの正確な査定金額を知るためにも、完全無料の不動産一括査定を試してみよう。

→→→入力たった1分の完全無料の不動産査定を試してみる

関連記事

マンション査定は3社以上に依頼!ネット活用がマスト!
マンションを売却するに、まずは不動産業者に査定をしてもらわなくてはなりません。普...
マンション売却で知っておくべき3つの価格
マンションなどの不動産を売却する際、「査定価格」「売り出し価格」「成約価格」の3...
値崩れしにくいマンションの特徴 その②
(値崩れしないマンションの特徴その1 の続き) しかしながら、陽当たり抜群の川や...
値崩れしにくいマンションの特徴 その①
自分の住まいであるマンションの資産価値を知っておくことは極めて重要なことです。例...
賢い売り出し価格の値付け方
マンションの売り出し価格は、成約したい価格帯の5%程度を上乗せするのが一般的です...
一般的なマンション査定方法
通常、不動産仲介業者がおこなうマンション査定は、そのマンションの周辺にあるマンシ...
中古マンションの売れる価格帯は?
マンション選びの要素として、駅から近さとか、マンションの築年数などがありますが、...