不動産会社元営業マンが教えるマンションを1円でも高く売却する方法
*
ホーム > 正しい価格のつけかた > 値崩れしにくいマンションの特徴 その①

値崩れしにくいマンションの特徴 その①

自分の住まいであるマンションの資産価値を知っておくことは極めて重要なことです。例えば、マンションの住み替えを考えた場合、もっとも気になることは「自分のマンションがいくらで売れるか」「いくらで貸せるか」ということ。仮に自宅のマンションの評価額がローンの残債より低ければ、簡単には売却できないし、貸すにしてもローンの支払額よりも低い家賃しか設定できなければどうすることもできない。では、いま住宅市場では、いったいどんな住まいの資産価値が高いのだろうか。

一般にマンションは購入から1年で10%、その後は毎年4%程度ずつ価値が下落するといわれています。そんななかで、価値の下がらないマンションがあるのです。例えば「恵比寿ガーデンテラス壱番館」は、築12年の中古マンションだが、現在の取引価格は売り出し時より9%も高いのです。また、2003年分譲した「白金タワー」に至っては、新築時価格よりも5割も高い価格で売買されているのです。

よく飲食店で地域一番店という言葉がありますが、マンションも同様で、その地域で誰もが一番だと認める物件が実はあるのです。こうした物件は、利便性のよい駅前に程近く、広い敷地に余裕を持たせて建っていて、恵まれた環境にあり、地域のランドマーク的存在で、多くの人がその町で一番価格が高いといった印象を持つ。そのため、結果として、古くなっても値段が下がりにくいのです。つまり、地域一番のマンションが一般的に値崩れしくにくいマンションなのです。

この傾向は首都圏に限ったことではなく、全国どこでもそこに住む"地元の名士"たちが購入したい、または住みたいと考える地域一番マンションがあるので、その地域一番マンションを狙うのもひとつの方法です。ただし、これらのマンションは周辺相場よりも価格が高く、億ションであるケースもあるため、現実問題として購入は厳しいかもしれません。

値崩れしないマンションの特徴その2 の続く)


不動産業者は最低2社以上と交渉するのが基本

マンションを少しでも高く売却するためには、信頼できる不動産会社の営業マンに出会うのが一番の近道です。そのためにも、3社以上の不動産会社に相談・交渉する必要があります。マンション売却一括査定を利用すれば、たった1分程度の入力で6社からあなたのマンション売却額の査定が届きます。しかも、万が一熱心すぎる営業マンにあたったとしても、代わりに断ってくれるので気軽に申込できるのも魅力的。地元の不動産会社に相談する前にあなたのマンションの正確な査定金額を知るためにも、完全無料の不動産一括査定を試してみよう。

→→→入力たった1分の完全無料の不動産査定を試してみる

関連記事

マンション査定は3社以上に依頼!ネット活用がマスト!
マンションを売却するに、まずは不動産業者に査定をしてもらわなくてはなりません。普...
マンション売却で知っておくべき3つの価格
マンションなどの不動産を売却する際、「査定価格」「売り出し価格」「成約価格」の3...
値崩れしにくいマンションの特徴 その②
(値崩れしないマンションの特徴その1 の続き) しかしながら、陽当たり抜群の川や...
値崩れしにくいマンションの特徴 その①
自分の住まいであるマンションの資産価値を知っておくことは極めて重要なことです。例...
賢い売り出し価格の値付け方
マンションの売り出し価格は、成約したい価格帯の5%程度を上乗せするのが一般的です...
一般的なマンション査定方法
通常、不動産仲介業者がおこなうマンション査定は、そのマンションの周辺にあるマンシ...
中古マンションの売れる価格帯は?
マンション選びの要素として、駅から近さとか、マンションの築年数などがありますが、...