不動産会社元営業マンが教えるマンションを1円でも高く売却する方法
*
ホーム > 正しい価格のつけかた > 値崩れしにくいマンションの特徴 その②

値崩れしにくいマンションの特徴 その②

値崩れしないマンションの特徴その1 の続き)

しかしながら、陽当たり抜群の川や海沿いの物件は注意が必要です。例えば、海沿いでは塩害、川沿いは水害の心配があり、大雨の際に川沿いに建つある高級マンションの住民に避難勧告が出たケースも実際にあるからです。昨今のゲリラ豪雨の増加などを異常気象を考えると、今後は高台の物件に人気が移る可能性もあります。

また、駅からの距離も重要です。最近は、バスに乗って最寄り駅までたどり着く物件はまったく人気がなく、だからといって駅に近すぎてもいけません。駅前は雑然としていて、子育てなど落ち着いて生活するのには不向きであるため、ファミリータイプに限っては、駅から3分から8分がベストであると言われています。

また、立地やロケーション以外にも資産価値を左右する条件として、「間取り」があります。マンション内にワンルームからファミリー向けまで多様なタイプが混在する物件よりも、2LDKから4LDKのファミリータイプのみの物件のほうが資産価値は安定する傾向が強いです。前者のマンションは、投資目的で購入する人が多く、住民の入れ替わりも激しいため、建物の劣化が早いためです。


以上の事柄が、いわゆる資産価値の高いマンションの条件なのです。是非とも、ご参考ください。


不動産業者は最低2社以上と交渉するのが基本

マンションを少しでも高く売却するためには、信頼できる不動産会社の営業マンに出会うのが一番の近道です。そのためにも、3社以上の不動産会社に相談・交渉する必要があります。マンション売却一括査定を利用すれば、たった1分程度の入力で6社からあなたのマンション売却額の査定が届きます。しかも、万が一熱心すぎる営業マンにあたったとしても、代わりに断ってくれるので気軽に申込できるのも魅力的。地元の不動産会社に相談する前にあなたのマンションの正確な査定金額を知るためにも、完全無料の不動産一括査定を試してみよう。

→→→入力たった1分の完全無料の不動産査定を試してみる

関連記事

マンション査定は3社以上に依頼!ネット活用がマスト!
マンションを売却するに、まずは不動産業者に査定をしてもらわなくてはなりません。普...
マンション売却で知っておくべき3つの価格
マンションなどの不動産を売却する際、「査定価格」「売り出し価格」「成約価格」の3...
値崩れしにくいマンションの特徴 その②
(値崩れしないマンションの特徴その1 の続き) しかしながら、陽当たり抜群の川や...
値崩れしにくいマンションの特徴 その①
自分の住まいであるマンションの資産価値を知っておくことは極めて重要なことです。例...
賢い売り出し価格の値付け方
マンションの売り出し価格は、成約したい価格帯の5%程度を上乗せするのが一般的です...
一般的なマンション査定方法
通常、不動産仲介業者がおこなうマンション査定は、そのマンションの周辺にあるマンシ...
中古マンションの売れる価格帯は?
マンション選びの要素として、駅から近さとか、マンションの築年数などがありますが、...